スポーツ選手や芸能人にみる「副業」の大切さ
スポーツ選手や芸能人にみる「副業」の大切さ

スタッフ/月原

こんにちは。 
アフィリエイトサイト制作代行STAFFの月原です!(【公式】アフィリエイトに特化したサイト制作代行サービス@afi_support
今回お届けする記事は「スポーツ選手や芸能人にみる「副業」の大切さ」です。ではどうぞ!


アフィリエイトも立派な副業です!

社会情勢が不安定な今、スポーツ選手や芸能人、有名人の方たちの副業について少し掘り下げて考えてみたいと思います。なぜ彼、彼女らは「副業」をするのでしょうか?


スポーツ選手の副業

Act.1


 

ジャンル問わずプロスポーツの世界で華々しく活躍するスポーツ選手、お茶の間の人気者である有名タレント、芸人、俳優…このような方たちが、本業とは別に「副業」を行っている事例は以外と多いことに驚かせれます。

有名なところでは、サッカーの「本田圭佑」選手は自ら代表取締役を務める企業 やサッカークラブの経営、サッカースクールなどに参画しています。
また、エンジェル投資家として活動していることも知っている方は多いのではないでしょうか。
同じサッカー選手では「長友佑都」選手もスポーツ関連会社の代表をはじめ、多くの書籍を出版しています。

 
その他、サッカー選手に限らず芸能プロダクションとマネジメント契約しているスポーツ選手は多く、オフシーズンのタレント活動なども広義的には「副業」と言えるでしょう。「株」や「一口馬主」などをやっている方も多いですね!

 
 

芸能人の副業

Act.2


 
 

タレント芸能人で副業を行っているケースもかなり多くあります。
その多くは飲食店経営だと言われており、単に名義貸しという場合から、本格的に経営に参画している場合もあるようです。

新しいところでは俳優の「山田孝之」さんが新会社を設立 したり、「保坂尚希」さんが通販コンサルタント をやって成功されているのは知っている方も多いかと思います。

変わったところでは芸人の「コウメ太夫」さんのアパート経営や「たむらけんじ」さんの焼き肉屋 経営などもあります。

古くは「梅宮辰夫」さんの漬け物やさんや「五月みどり」さんのブティックなども、あまりにも有名ですね。

 
 

有名人のイマドキの副業がアフィリエイト?

Act.3


 

スポーツ選手や有名芸能人の方たちは、その知名度を利用した今の時代だからこその「副業」もあるようです。
それがブログやSNSによる「アフィリエイト」です。有名人の方たちは今や何らかのブログやSNSをやっています。つまりこれ自体が「副業」ということになります。

 
例えば、企業から依頼されたサービスや商品を自身のブログやSNSの中でPRし、そのことで報酬を得るという仕組みがあります。「企業案件」などと呼ばれますが、広告収入と併せてかなりの金額になるそうです。
タレントの「辻希美」さんのアメブロ は古くから有名ですし「渡辺直美」さんのInstagram もそういうことになります。
有名ユーチューバ―などもこの形で収益化している事例は少なくありません。

かくいう「アフィリエイター」も実績が伴ってくると企業側から個別にそういった提案をされるケースもあります。最近では、有名タレントが企業広告だということを証さずにPRを行うことが社会問題にもなりましたが、いかにインターネットメディアの影響力が高いかを証明してくれています。

 
 

いま副業を行わないのは、配っている一万円札をもらわないのと同じこと

Act.4


 

有名芸能人はその仕事の性質上、抜群の知名度と高額な収入を得ています。しかしながら、いつその立場を失うかも分からない極めて不安定な職業だとも言えます。
それはスポーツ選手とて同じことです。

本人たちは誰よりもそのことを強く理解していますし、が故の「副業」であると感じずにはいられません。

浮き沈みのある芸能やスポーツの世界だからこそ、その危機意識から、もっと言えば「食えなくなったときの食い扶持」としての安定的な副業を模索して、実践しているケースは少なくないかもしれません。

では、毎月決まった金額をお給料として得ている我々サラリーマンは副業をする必要がないのでしょうか?

…答えは明確です。

大企業をはじめ、いまや多くの企業が社員の副業や兼業を認めています。加えて現在の「コロナショック」です。先のブログ記事内でも申し上げたかもしれませんが、今大きく人々の生活が変わろうとしています。
リモートワーク、ネットショッピング、動画によるオンライン授業などは最たるものですし、他方、働き方改革をはじめ、副業、兼業によるリスクヘッジも含めた「収入のあり方」自体も大きく変化をしてきていることを、最近は肌で感じます。

新型コロナウイルスの感染危機とアフィリエイト

新型コロナウイルスの感染危機とアフィリエイト(その2)

 
そんな中にあって「アフィリエイト」による副業は、手軽で他のインターネットビジネスとも親和性が高く、ジャンルによっては今後需要が高まる大きなポテンシャルを秘めています。本業の時間を邪魔することなく、空いた時間で無理なくすすめることが可能な唯一無二の副業になり得るかもしれません。事実、アフィリエイトを足掛かりに有名になったIT長者は数知れません。

弊社サービスが、そんなアフィリエイト副業のための一助になれればこれに勝る喜びはありません!



  • ページトップへ戻る
    ページトップへ戻る