アフィリエイトブログの記事に必要な文字数って本当に適切なんでしょうか?

アフィリエイトブログの記事に必要な文字数って本当に適切なんでしょうか?

そもそも何が正しいのでしょうか?

この記事の内容
いろいろな所で、いろいろな方々が「ブログの文字数」について語っていらっしゃるようです。
「最低でも500文字は必要だ。」
「いや、1,000文字はだ。」
「いえいえ5,000文字はないと!」

…いやはや、先ずはとりあえず皆さんで考えてみましょう。



それぞれの主張、それホント?

それぞれの主張、それホント?

 
思えば以前からブログの文字数は何文字程度が適切か?というようなことは多く語られてきました。昨今では多ければ多いほど上位表示されている!という実しやかな話から、ブログ記事の適切な文字数は「4,000文字」とも「5,000文字」とも言われています。

事実、そういったケースも散見されます。
ですが、全てのケースにおいてそれを結論付けるのはあまりにも危険であると考えます。
それは多くの場合「記事内容」についてのことがおざなりになってしまっているからなんです。

「アフィリエイト」のサイト集客に効果的な「ブログ」のあるべき姿とは?


 

そもそも、なぜ文字数だけが議論になっているのかが筆者は解せません。

検索順位を決定しているGoogle社の見解は?

検索順位を決定しているGoogle社の見解は?

 
現在、Googleの検索エンジンはもちろんのことYahoo!の検索エンジンについてもGoogle社の検索アルゴリズムが採用されています。
アルゴリズムとは端的に申し上げれば、検索エンジンにインデックスされている膨大なサイトやブログの検索順位を決定する評価基準のようなものです。

因みに、これに準じて検索上位表示をさせていくことをSEO(検索エンジン最適化)と呼びます。

結論を申し上げますと、Google社は検索アルゴリズムと文字数について直接の関係は「無い」としているんです。

 
原文:
we don’t have an algorithm that counts the words on your page and says Oh everything until 100 words is bad everything between 100 and 500 is fine and over 500
we don’t look at it like that we try to look at the pages overall and make sure that
this is really a compelling and relevant search results to users and if that’s the case then that’s perfectly fine if that’s long or short or lots of images or not that’s essentially up to you

翻訳:
ページ上の単語を数えるアルゴリズムはありません。100ワードが悪くなるまですべてを言って、100から500までのすべてが問題なく、500を超えます。
ページ全体を見て、それがこれは本当にユーザーにとって説得力のある関連性の高い検索結果であり、そうである場合は、それが長いか短いか、画像が多いか、本質的にあなた次第であるかどうかは問題ありません。

アフィリエイトの特異性と成果発生を優先順位に考えれば…

アフィリエイトの特異性と成果発生を優先順位に考えれば...

 
先ず優先順位として考えなければいけないことは、サイトやブログの目的です。

これにかんがみますと多くの方が「SEO」の観点からのみで何文字が良いと述べていらっしゃるに過ぎないのではないでしょうか。無論、検索エンジンで上位表示されることは重要な要素の一つに間違いはありません。
ですが、ことアフィリエイトサイト、アフィリエイトブログについては自身のページを介してリンク先の広告主さまのページから成果を上げることこそが目的です。
その意味では、訪問者さま(ユーザーさま)へ有益な情報を得ていただくような内容でなくてはなりません。

であるならば、いかにリンク先ページ(広告主パージ)へスムーズに橋渡しが出来るのかを徹底的に考えるべきで、あくまで「文字数」はその結果でしかないと弊社では考えております。

なぜブログとWEBサイトのハイブリッド型なのか?


 

本記事が、みなさんの「アフィリエイト運営」のほんの一助にでもなれれば幸いです!
わたしたちの想い

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る