更新履歴

テレワーク推進VSオフィス回帰の現状からアフィリエイトを考える

   ブログ    ネットビジネス    テレワーク推進VSオフィス回帰の現状からアフィリエイトを考える

   245views
テレワーク推進VSオフィス回帰の現状からアフィリエイトを考える

TAKESHI AOYAMA

【公式】アフィリエイトに特化したサイト制作代行 / 低価格のサイト作成サービス
 

アフィリエイト広告の黎明期より業界に携わる弊社代表。
時代の変遷を捉えた経験豊富な戦略で、信頼のサイト制作を約束。みなさまの成功のパートナーとして全力サポートいたします。

今回「【公式】アフィリエイトに特化したサイト制作代行」が自信を持ってお届けする記事は「テレワーク推進VSオフィス回帰の現状からアフィリエイトを考える」です。
本記事が皆さまのアフィリエイト運営における一助になれれば幸いです。




昨年夏、出社を出張扱いとする、そんな働き方を「NTT」が打ち出しました。
今回の記事は、ここから皆さんと考えて参りたいと思います。

NTTの新たな勤務制度

NTT 」と言えば2021年、従業員の勤務を原則テレワークとし、転勤や単身赴任の廃止を発表していましたが、2022年7月から導入した新たな勤務制度では、さらに踏み込んで自宅勤務を基本とし、出社を出張扱いにするというものです。

さらに居住地も国内であればどこでもO.K。

出社時の交通費も上限を設けず、飛行機での出社も認めると言います。

従業員のモチベーションアップ、人材獲得が狙いで、先ずはグループ主要企業に従業員の半数に当たるおよそ3万人を対象とし、徐々に広げていく考えだそうです。

原則テレワーク、交通費上限撤廃、居住地どこでもO.K

原則テレワーク、交通費上限撤廃、居住地どこでもO.Kと言えば、「ヤフージャパン 」も2022年4月から導入しています。

同社の川邊社長も、以下のように話しています。

まさに最も自分のパフォーマンスが出る場所でやってください、と。
オンラインのみがですね、共通の作業空間であるということです。
ヤフージャパンに続き、今回のNTTの決定に街の人は…

賛成です。
都会に出てこない方がコロナになる確率は下がると思うので、良いと思います。

(10代男性
半々だったら良いと思うんですけど、完全に自宅勤務というのはちょっと。
多分業務に支障や日本人ならではのコミュニケーションが取れないと思います。

(50代男性

オフィス回帰

賛成の一方で、オフィス回帰が必要だとの声もあります。

アメリカの電気自動車大手「テスラ」のCEOで、世界一の大富豪としても知られるイーロンマスク氏も従業員にオフィス復帰を要求したと報じられ、話題になりました。
イーロン・マスクCEOが社員に送ったとされるメールには…

リモート勤務を希望する人は、最低でも週40時間オフィスで働く必要がある。
さもなくば、社を去らなければならない。

自動車大手の「HONDA(本田技研工業) 」もテレワークを推奨していましたが、対面コミュニケーション重視などを理由に、今年のゴールデンウィーク明けから全部署を対象に原則出社に転換しました。

このような動きについて、Twitterでは…

“子供がいる中で在宅8時間の集中は難しい”

“誰かに見られていないとサボってしまう”

テレワークVSオフィス

テレワーク推進とオフィス回帰、今後働き方は二極化していくのでしょうか…。

…いいえ。

「テレワーク推奨か、オフィス回帰か」などとというお話は、一部の大企業や一部の業界、管理職に限ってのことでしかありません。
いわゆる「現場」で働く以下の業界の方たちは一般にテレワークが無い(出来にくい)と言われています。

飲食業、宿泊業、医療・介護・福祉、娯楽業、理美容業、冠婚葬祭業、運輸業、小売業、農林水産業、公務員、建設業、教員、製造業、不動産業、警備・ビル管理・清掃業…他

無論、二極化も何もない訳です。

…ではどうするのか。

副業というスタンスから自らで「テレワーク(自宅勤務)」を生み出す他ありません。

その選択肢の一つがインターネットビジネス、とりわけアフィリエイトサイト運営です。

先ずはお問い合わせください。
きっと何かが動き始めます!

本記事が、みなさんの「アフィリエイト運営」のほんの一助にでもなれれば幸いです。





おすすめ記事 / Recommendation


下記ページも、あわせてご覧くださいませ


はじめての方へ


制作実績


制作プラン


制作進行


よくある質問


稼げるジャンルを共有


ブログ


クレジットカード決済


メールの不着について


運営会社

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る